* i l l u m e *
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
波乱のアメリカGP・・・
2005年06月21日 (火) 20:19 | 編集
琢磨くんの初表彰台の地ということもあり、この日も琢磨くんの活躍をいつもにもまして楽しみにしていたのですが、
まさかあんなレースになるなんて思ってもみませんでした。

レース開始直前までごたごたしている雰囲気は中継の画面からもよく伝わってきていました。
全車そろってフォーメーションラップに飛び出していったので、レース自体はいつものように行われるのかと思いきや、ミシュラン勢はそのままPITへ・・・。

一斉にPITに入っていく様子を見て、思わず体がこわばってしまいました。

予選で初ポールポジションを獲得したTOYOTAのTrulli、そして私の大好きなB・A・R HondaのButtonや琢磨くん。
どんなに悔しくて残念だったことだろう。
どのチームも、どのドライバーも走りたかっただろうに。
予選を終えた時点の、各チームやドライバーのコメントや表情が頭の中をよぎって、とても切なくて悲しくなってしまいました。

GPを現地まで見に行っていた観客のみなさんの落胆もすごかっただろうな。

数少ないドライバーがレースを続行する中、みるみる観客席の人影が減っていくのがまた寂しかったです

なんとかうまく解決してあげられなかったのだろうか・・・

報道されているミシュランの対応にそれなりの誠意が感じられ、FIAに対する印象はまた悪くなりました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by まとめ . / Template by sukechan.

当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。

EverQuest is a registered trademark of Sony Computer Entertainment America Inc. in the United States and/or other countries.
© 2005 Sony Computer Entertainment America Inc.All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。